実績・実例

実績まとめ:一般社団法人 日本ほめる達人協会さま

【お客さまの声】一般社団法人 日本ほめる達人協会さま

PCを新しく設置いただいてから日にちはたっておりませんが、作業効率があがったように思います。これから使ううちにもっと慣れてくると思いますので、さらに期待できるかなと感じております。

一般社団法人日本ほめる達人協会 中嶋恵里様

 

WEB戦略顧問(コンサルティング)

ホームページとSNSを連携させる仕組みを構築。
自社での運用を行えるように提案し、それぞれのコンテンツを連携させながら継続した情報発信が行えるようになった。

 

<「ほめ達!」公式サイト - 一般社団法人日本ほめる達人協会>


https://www.hometatsu.jp/

 

<ほめ達!西村貴好オフィシャルブログ>


https://ameblo.jp/nishitaka217/

 

<ほめるだけがほめ達!じゃない! - 今日もほめ達![公式ポッドキャスト]>


http://homerumedia.jp/podcast/

 

<日本ほめる達人協会(オフィシャルページ) | Facebook>


https://www.facebook.com/hometatsujp

 

<ほめ達! - YouTube>


https://www.youtube.com/channel/UC723vpsM9f2FHiwZi-88CXA

 

 

野口洋史さんのススムワークを強くご推薦申し上げます。

もしあなたが、伝えたい思いをお持ちで、広めたいコンテンツがあるなら、野口洋史さんのススムワークを強くご推薦申し上げます。私共、一般社団法人 日本ほめる達人協会は、現在全国に18の支部を持ち、認定講師239名、開催する「ほめ達!」検定合格者4万人を超える団体です。昨今の企業、店舗における人手不足や働き方改革の影響だけでなく、なんとも言えない不安感解消のために、様々な企業、組織の要請に対応させていただいております。NTTグループをはじめ、JR東海、スカイマークなど大手企業、各地自治体や学校教育機関、そして中小企業から個人にいたるまであらゆるジャンルから講演、研修、セミナーの依頼が絶えない状態となっています。またNHK「クローズアップ現代」、「シブ5時」をはじめ、「ガイアの夜明け」、「月曜から夜ふかし」、各局朝の情報番組などメディア露出も途切れることなく続いております。詳しい活動内容は、協会ホームページをご覧いただくとして・・・。

2010年より活動を始めた「ほめ達!」がわずか8年で、なぜこれほど活動範囲が広まり、宣伝活動、営業活動なしで連鎖的にお仕事を頂戴できているのか。その答えは「IT顧問」であるススムワークさんのご指導・ご支援を素直に実践してきたからに他なりません。

どれほど価値のあるものでも、その価値が伝わらなければ、価値は存在しないのと同じ。そのもの自身が存在しないのと同じなのです。そして、自分の価値の伝え方は、自分自身では、実は見つけにくいものなのです。独りよがりにならずに、自分の商品や組織の価値を、誰にどのようにして伝えるのか。外部の視点を持っておくことが何よりも重要です。将来の顧客に受け取ってもらいやすく伝えるために、耳が痛い意見に耳を傾け、一見面倒くさく思えるススムワークさんとの打ち合わせヒアリング、この作業時間と手間が取れるかどうか。これが勝敗を分けます。

はっきり言って、ススムワークさんは、お客を選ぶ会社です。もし、あなたがススムワークさんに選ばれ、一緒に仕事ができるなら、24時間、365日、あなたに代わり、あなたの思いやコンテンツ、商品を営業し続ける素晴らしいITツールを手に入れることができるでしょう。しかも、ワンソース、マルチユース。一つの情報発信がマルチメディア、マルチコンプレックスとなり放射線状に同時に広がる仕組みも出来上がります。ご成功をお祈りしております。

西村 貴好
一般社団法人日本ほめる達人協会 理事長
https://www.hometatsu.jp/

「泣く子もほめる!」ほめる達人。ほめる効果を活用し、さまざまな企業のスタッフ・商品・サービスの価値を高める切り口を提供。橋下元知事が大阪府の調査を2年連続で依頼。その様子をNHKが「クローズアップ現代」で全国放送。2011年に一般社団法人日本ほめる達人協会を設立し理事長に就任。「ほめ達!」検定をスタート。「クローズアップ現代」「月曜から夜ふかし」「ガイアの夜明け」などTV出演多数。著書に「繁盛店の「ほめる」仕組み」をはじめとして10冊。

 

 

お気軽にご相談ください

  • この記事を書いた人

ススムワーク

「生み出したサービスをもっと多くの方に届けたい」「事業の軸を再構築したい」「働いても働いても楽にならず時間がない」 戦略から事業構築を支援し、最終的にはススムワークが不要となる事業になっていただきます。

-実績・実例

© 2020 ススムワーク