中小企業の成長に欠かせないIT戦略・WEB戦略の困りごとならススムワークが仕組みで解決します!
事業の可能性が“勝手に”拡がります

通信料はこれから高くなる ~インターネット定額制時代の終わり

カテゴリー: ススム君のブログ

iPhone5がまもなく発売となり、新たな通信規格、新たな通信料金でネット上は騒がしいです。かくいうボクも振り回されているうちの1人ではあるのですが、今回の騒動から時代の変化を強く感じます。

「ネット定額制の終わり」です。

定額制が終わるなら、使えば使う分だけ料金がかかります。通信料があがるということです。

 

これまでは月額5,000円前後を払えば、インターネット使い放題!でした。定額を払えば、好きなだけインターネットを使うことができました。

それが今、変わろうとしています。

 

はじまりはファイル共有ソフト(winnyなど)でした。特定のユーザが、インターネット環境を独占するかのように使ってしまい、回線が混雑しはじめました。今は制限されるようになったようです。

 

他には、パソコンが身近になり、iPadなどの端末が登場したこともあり、インターネット利用者が増えています。単純にユーザが増えれば増えるほど、高速道路が混雑するのと同じ原理で、インターネット回線も混雑します。目的地に到着するまでに時間がかかる・・・、通信速度が遅くなるんです。

特にYouTubeにはじまり、インターネットを使ったサービスが登場しつづけています。その上でスマートフォンやWifiルータ(E-mobile・WiMAXなど)が登場してからは、ボクたちは24時間インターネットにつながっていませんか?ISDNからADSLへ、そして光回線へとどんどん通信技術が進化しているはずですが、それ以上の速度で交通渋滞が起きています。

 

そこで、今回発売になるiPhone5が関係します。

従来使われてきた3Gから、LTEという高速無線通信に移行するタイミングで、auやSoftbankが定額制にストップをかけてきました。これからは「月あたり7G以上は別料金」になります。

7Gっていうと、ネットに詳しい人が朝晩の通勤の間、ネットをし、昼休みにもネットを使って、というイメージでしょうか。その他にも使っていると、だいたい7Gくらいじゃないかという感覚です。学生だと、7Gは平気で越えるんじゃ・・・!?

さらに「7Gまでは超高速になるんだけど、そこの基本料金も2割ほどあげますね」となります。(記事をかいてる時点で)

 

「いやもう、そんなことになるんだったら、今のままで十分なんですけど・・・」って思う方はけっこういるんじゃないですか?

だけどそうはさせてもらえません。

 

パソコンもケータイも、だいたい2年くらいが買い替えの目安で、それ以上は「どこまでガマンできるか勝負」なんですね。急激に遅くなったと感じるのは、だれしもありますよね。

インターネットに絡む機器は、ペースが早いと2年単位で買い替え。それより長持ちしてる人は、遅さとの我慢勝負をしている、が原則です。ユーザがこの辺でいいと感じていても、インターネット回線はインフラなので、これからも進化していくんでしょうね。そしてそれにあわせて高額になっていくという・・・。

 

■おまけ

「高速な光回線を定額で!」と大声でいっていた数年前。あれはいったい何だったんでしょうね?あの頃から混雑するの、ボクはわかってましたけど、売ってるほうもわかってたはずだと思うんですよね。

だけど言い換えると、これはやはりインフラなので、高速道路と同じように、国がしっかり整備して、その上でどんなことをするか!?を競ってもらうのがよい流れなんじゃないかと感じています。

これからどうなっていくかを見守りつつ、通信料で難民になる人を救っていきます。

最近の画像つき記事

ライター紹介

野口洋史

通称「ぴろきち」。1977年生まれ。大阪生まれ大阪育ち。2歳児の父。

ITが苦手な企業経営者やスタッフを対象に、インターネットやITを「より成果に照準を合わせて活用してもらう」をテーマに活動を続ける。技術革新で価値が激変する時代に、普遍的なものを大切にすることを信条としている。

■ブログ 「ぴろきちウェブ」~「考えすぎちゃう?」とよく言われるぴろきちが考えているコト

本当にお困りの方はご相談ください