中小企業の成長に欠かせないIT戦略・WEB戦略の困りごとならススムワークが仕組みで解決します!
事業の可能性が“勝手に”拡がります

プラチナバンドって何?何かうれしいことあるの?

カテゴリー: ススム君のブログ

「プラチナバンド」って最近よく聞きませんか?

これのおかげで、電波が悪くてつながらないとウワサのSoftbankが、これからはつながるようになっていくそうです。

 

 

三大携帯電話会社といえば、DoCoMoとau、そしてSoftbankですが、この中でSoftbankだけがつながりやすい回線(周波数)を持っていなかったんです。3社だけでいえば、Softbankだけが不公平な状態で競争していました。

Softbankは他社と比べてつながりにくい回線しか持っていない3番手なので、低価格で勝負してきたのは、みなさんも覚えがありますね。通話し放題のホワイトプランでした。空いてる通話回線を埋めようとしたんです。

その次に端末ですね。iPhoneです。他社にない魅力的な端末を投入することで、他社からSoftbankへ切り替えを狙いました。消費者目線でみると、とてもわかりにくいのですが、「iPhoneをSoftbankが売る」のは、従来の日本の携帯会社では考えられない仕組みだったんです。それ以外にも、いくつもの要素があって、Softbankは独占市場を作りだしていきました。

 

 

だけど・・・つながらない。

いくら安くなろうが、つながらないなら話せない。

いくらよい機種があろうが、つながらないなら使えない。

 

そこで「プラチナバンド」の登場です。

Softbankが携帯電話がつながりやすいプラチナバンドを得て、つながるようになっていきます。屋内・地下・山間部など、電波の届きにくかったところでつながるようになります。

ただこれは、何もせずに一気に電波がよくなるんじゃないんです。Softbankが投資をしないといけません。公式発表によると、完了までに5年かかるそうです。完成すれば、これまで電波のよさで差をつけられていた、DoComoやauと並ぶことが期待できます。5年後には、今よりつながるケータイで、さらに通話料が低価格化しているかもしれませんね。その点は期待できます。

 

というのが表向きのお話。詳しいユーザの中では、この流れを一部疑ってみています。ボクの考えを1つ書いてみますね。

「Softbankがプラチナバンドを手に入れるのが遅すぎたんじゃないの?」です。

たしかに電波がよくなってつながるようになるのはいいんですが、最近のケータイってネットが遅くないですか?iPhoneやスマホでネット回線を圧迫して、もうパンパンじゃないかって言われてるんです。

ちなみに今のシェアは、ざーっくりいうと
・DoCoMo:50%
・au:30%
・Softbank:20%
です。

10人に2人がSoftbankケータイを持っているみたいですね。 だけどDoCoMoは地方に強い(=電話がつながる)ので、都心部に近い人ほど、もっとSoftbankユーザがいるように感じるはずです。

 

Softbankが5年かけて電波が少しずつよくなって改善されると、それにあわせて特にDoCoMoから回線を切り替えてくる人が増えます。「DoCoMoのときと、電波あまり変わらないよね、わーい」って状態ですね。

だけどユーザが増えると、回線をさらに圧迫していくので、ネット接続したときの反応がどんどん悪くなっていく。すると、元々いたユーザからすると、環境がどんどん悪くなっていくわけですから、auやDoCoMoへの切り替えを考えていく人が出てきます。その前に、バックボーンっていうんですが、Softbank全体のネット回線速度をよくしていかないといけないんですね。

ユーザが増えるのがわかっていれば、どんどん投資できるでしょうが、2年先(2年しばりだから)が見えにくい状態で、このバランスをいかに保ちながらサービスをよくしていくかが、Softbankのこれからの課題なんですね。

 

こう考えてみると、5年後に、通話料が激安になるわけないような・・・って感じませんか?

最近の画像つき記事

ライター紹介

野口洋史

通称「ぴろきち」。1977年生まれ。大阪生まれ大阪育ち。2歳児の父。

ITが苦手な企業経営者やスタッフを対象に、インターネットやITを「より成果に照準を合わせて活用してもらう」をテーマに活動を続ける。技術革新で価値が激変する時代に、普遍的なものを大切にすることを信条としている。

■ブログ 「ぴろきちウェブ」~「考えすぎちゃう?」とよく言われるぴろきちが考えているコト

本当にお困りの方はご相談ください