中小企業の成長に欠かせないIT戦略・WEB戦略の困りごとならススムワークが仕組みで解決します!
事業の可能性が“勝手に”拡がります

Gmailへの不正アクセス元はだれなの?

カテゴリー: ススム君のブログ

前回は、Gmailに不正アクセスがあったことを書きました。

これって「アメリカ合衆国」とは表示されているけど、いったいどこのだれなの?

ボクたちでも突き止めることができるんです。

 

 

わかる情報には制約がありますが、どこのだれなのか、がざっくりわかれば、実は知り合いのPCからだった(それも自分だった!)があるかもしれませんね。

インターネットをしているパソコンには、必ずIPアドレスという番地がついていて、それを辿って調べることができるんです。なので、インターネット上って絶対に匿名!って実現できないんですね。

 

その前に今回のIPアドレス「107.22.75.xxx」に、ブラウザからアクセスしてみます。今このブログをみているブラウザ(InternetExplorerやFirefoxなど)で、そのままIPアドレスにアクセスしてみると、ホームページが表示されることがあります。これで開けば一発で解決ですね。

アクセスしてみたところ・・・反応なし。見つかりませんでした。

 

次にIPアドレスを下に調べてくれるサービスがあるので、検索してみます。

http://www.ip-adress.com/ip_tracer/107.22.75.xxx
http://www.ip-adress.com/ip_tracer/

すると

アメリカ合衆国の中でも、カンザス州のあたりだとわかります。

アクセスしている元がAmazon.comなようですね。

それも、AmazonAWSのEC2とあるので、Amazonが提供しているクラウドコンピューティングのサービスを使って、何かがアクセスしているということがわかりました。

 

ほとんど情報がわからないことも多いのですが、Amazonという大きなサービスを経由してのアクセスであることから、気分的には少しだけホッとします。何かあれば、Amazonを通じて相手を特定してもらうことができるかもしれません。

何より、クラウドのサービスという点から、ボクが自分で何か連携してるんじゃないか・・・と自分自身にも疑いを持ち始めました。

最近の画像つき記事

ライター紹介

野口洋史

通称「ぴろきち」。1977年生まれ。大阪生まれ大阪育ち。2歳児の父。

ITが苦手な企業経営者やスタッフを対象に、インターネットやITを「より成果に照準を合わせて活用してもらう」をテーマに活動を続ける。技術革新で価値が激変する時代に、普遍的なものを大切にすることを信条としている。

■ブログ 「ぴろきちウェブ」~「考えすぎちゃう?」とよく言われるぴろきちが考えているコト

本当にお困りの方はご相談ください